www.smithapat.com

昨年の1月頃から、ちょっと肩に違和感を覚えていました。 なんか、軋いでいる感じといったらいいのでしょうか。 春になって、冬の間寒くて休んでいたウォーキングを再開したところ、 この肩の軋む感じが鈍痛に変わって、あれ?と思っていたんですが、 冬場に太ってしまったのもあって、ウォーキングは継続していました。 ところが、ある日の明け方。 急に肩に激痛が襲ってきて、筋肉は硬直して動かなくなってしまいました。 ベッドから起きだすのもやっと、着替えるの大変で、 しかもそれが右肩だったものですから、トイレも家事も大変でした。 もうこれは只事ではないから、早速整形外科医に行って診察を受けたら…。 「四十肩ですね」とあっさり診断されてしまいました。 まだ30代だというのにですよ。 でも、先生には「急速に痛くなれば、急速に痛みがひきやすいから」と慰められて、 痛み止めの薬と湿布を頂いて、帰宅しました。 それから暫くの間、不自由な生活と痛みに悩まされましたが、 3ヶ月程して、肩の関節の痛みからはようやく解放されました。 考えてみれば、違和感を感じてから3ヶ月程でしたから、 やはり痛みがひくのもその日数だけかかったので、本当に先生の診断通りでした。

Link

Copyright © 1996 www.smithapat.com All Rights Reserved.